カルーン!IDせどり 根本 毅

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社セントレクス

・販売者  根本 毅

・住所   大阪府貝塚市澤220-89

・電話番号 050-7100-0197

・URL   http://caroon.biz/index.html

 

レビューサイトの評価

手数料や送料が考慮されていない

カルーンID!せどりで表示される価格差は、

国際送料やアマゾン販売手数料が考慮されていない。

これを見誤って仕入れをしてしまうと、

ほとんど利益が残らなかったり、最悪赤字になってしまう。

国際送料やアマゾン販売手数料を考慮して、

それでも利益の取れる商品を仕入れていく必要がある。

引用元:http://net-jiyu.com/joho-shozai/

 

海外から商品を仕入れる場合、送料はかなり高いです。

またFBAを使って発送する場合、全てやってくれるため、

発送の手間が全くかかりませんが

その分手数料を取られるため、最低でも+1000円ぐらいは見ておかないと

赤字になる可能性が出てきます。

 

競合相手が増え続ける

せどりツールに求められているのは、

・売れる商品を安く仕入れる

・ツール利用者が増えても飽和しない

上記を満たすものが有効性のあるせどりツールだが、

カルーンIDせどりは売れる商品を安く仕入れる事はできるが、

ツールの利用者が増えると普通に飽和するロジック。

飽和が避けられない時点でせどりツールとしての有効性は無い。

引用元:http://www.t-hiro.net/?p=1046

 

せどり商材の怖いところは、競合相手がどんどん増えてしまうことです。

価格で勝負しようとすると、値崩れが起きてしまうので

結局稼げない商品になってしまう可能性があります。

オリジナルの仕入れ先があるのでしたら別ですが、

それがない場合はお勧めできません。

 

薬事法や家電法などの法律を無視して商品を紹介している

かなり無責任だなと思うんですが

この『カルーン!IDせどり』で紹介

されている商品の中に

法律を無視

している商品がちらほら見られます。

引用元:https://sho51.jp/karunidsedori/

 

輸入だけでなく、出品する場合にも

法律に少しでも引っかかる商品は、消去されます。

Amazonに限らず、全てのフリマにおいて法律に触れるものは

かなり厳しく取り締まっています。

知らずに、輸入してしまうと、売ってはいけない商品を仕入れる可能性があります。

 

総評

輸入転売は、儲かるのは事実なのですが

初心者の方がいきなり始めることはお勧めできません。

海外商品は、日本商品と違い粗悪品がかなり沢山含まれています。

粗悪品に関しては、売り物になりませんので

処分するしかありません。

値段をものすごく安くして売った方が良いように思われるかもしれませんが

売って赤字を解消するより、

粗悪品を売った後に悪い評価を購入者の方からつけられる方が

デメリットが大きいです。

 

国内で転売をある程度経験している方ですと、

その利益を海外輸入に回すため、粗悪品の処分はあきらめがつくのですが

本業の収入で海外輸入した場合、赤字を少しでもなくそうと動いてしまいます。

アカウントの評価は一度付けられると、変えることは出来ません。

粗悪品を売って、悪い評価を付けられることは

今後の転売に影響を与える可能性があります。

初心者の方は、まずせどりや転売の基礎を国内商品で経験してから、

輸入転売に移行することを強くお勧めします。

 

「カルーン!IDせどり」に関してですが、

海外のAmazonとの価格差がある商品を見つけ出すことが出来るのですが

そこにはFBA手数料・送料・場合によっては関税

が含まれておりません。

経験者の方でしたら、そういった手数料がかかることは既に分かっていますので

問題ないのですが、

初心者の方は手数料等を考えずに仕入れてしまう可能性があります。

そうすると、結局仕入れたものが赤字になる可能性が高くお勧めできません。

 

「カルーン!IDせどり」は価格差があり、売れそうな商品まで教えてくれるので

そこまで悪い商材だとは思いませんが、

みんながこのツールを使うと、ツールの結果は同じなので

競合者だらけになってしまいます。

せどりや転売者にとっては仕方ない部分ではありますが

今から参入して、思うように利益が出せるとは思いませんので

私はお勧めできません。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました