コピーライティングの力2 及川 慶則 評価

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

コピーライティングは、必須スキルではないのですが

このスキルによってアフィリエイト報酬は大きく変わります。

読者の方のちょっとした誘導に、ものすごい貢献しますので

身に着けておけば、今後アフィリエイトだけでなく

リアルビジネスでも活用できる可能性が高いです。

ですので、教材選びも重要になってきます。

 

 

販売元詳細

・商品名  コピーライティングの力2

・販売者  及川 慶則

・住所   北海道札幌市豊平区月寒西3条10丁目2-20-803号

・電話番号 090-5953-9862

・URL   http://writingscr.com/power-copywriting2/

 

レビューサイトの評価

コピーライティング教材にもかかわらず音声のみで構成されている

この教材は、コピーライティングの教材でありながら、

テキストではなく音声主体の教材となっている。

もし、及川 慶則(エンタメ)さんが、

コピーライティングに絶対の自信を持っているなら、

テキストにしてこそ実証できる

と少なくとも私はそう思う。

引用元:http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

 

そもそも「コピーライティング」を教える教材が、全般にわたって

「音声」によるレクチャーということ自体、セールス&教材に矛盾がありますよね。

講師の先生に対面で教えてもらう「コピーライティングの教室」ではなく、

ノウハウを詰め込んだマニュアルを販売する情報教材。

ましてや「コピーライティング」の教材。

少なくとも、その「人を動かす文章力」でスキルを伝授してもらいたいところです。

引用元:初心者でも稼げるネットビジネス

 

レビューで一番多かったのが、音声ファイルで構成されていることでした。

コピーライティングというのは、文章で相手の心理に影響を与えるものですので

教材が文章で構成されていないのは

教材のコンセプトとかなりズレている気がします。

まるで、文章より音声の方が優れていると言われているようです。

 

他の教材のクオリティーが高すぎる

もはや「コピーライティングの力2」の質が低いのではなく、

「The Million Writingの質(完成度)が高すぎること」

がお分かり頂けるのではないでしょうか。

しかも無条件の返金保証が付いていて、

価格もわずか「3,980円」ですからね。

よって、もし「The Million Writing」が存在していなかったら、

「コピーライティングの力2」は推奨に値したかもしれません。

ただ、ここまで質の高い教材が既に存在してしまっている以上、

それ以上のノウハウ、提供条件を揃えられない限りは、

なかなか推奨出来ないというのが正直な所ですね。笑

出典:アフィリエイター吉永祥平のブログ

 

「The Million Writing」はコピーライティング教材で最も高評価の教材です。

私も持っていますし、これ以上のクオリティの物にはいまだに出会ったことがありません。

しかも3980円と、ありえないぐらいの価格ですので

上のレビューでもありますように

それ以外の教材を勧める必要がありません。

 

特典が多すぎて、何を学んでいるのか分からなくなる

この教材は、粗悪とまでは言わないが、

コピーライティングを学ぶ時は、不要な特典に惑わされず、

コピーライティングに特化した教材を手にしないと

後になって結局何を学んだのかわからなくなってしまう。

引用元:http://singen-joho.com/bimyou-kyouzai/copywriting2/

 

ものすごく沢山の特典が付いてきます。

意味のある特典ならまだしも、特に役に立つ内容の特典はついておりません。

しかも教材自体は音声ファイルで聞いているだけになってしまいますので

印象に残らず、結局何も残らず終わってしまいそうです。

 

総評

コピーライティングの教材において

「The Million Writing」

を超えるものは今だに現れていません。

しかも価格がかなり低価格なので、

これ以上にお勧めできる教材はありません。

 

またこの教材で一番引っかかる部分は、

教材が音声データのみということです。

PDFによる、文章説明は一切ありません。

この教材はコピーライティングを勉強するものです。

コピーラインティングを勉強する教材が、音声ファイルのみというのは

矛盾を感じてしまいますね。

動画でしたら、ある程度画面に文章が出てきますが

音声のみですと完全に音だけの教材になります。

音だけのコピーライティング教材で、

コピーライティングを学びたいかと聞かれたら、私は学びたくないですね。

文章力に自信があるならPDFによる文章で

教材を作らない理由が見当たりませんので・・・。

 

それと、動画にも言えることですが、勉強方法が完全に受け身になります。

文章の場合は自分で読まなければならないので、受け身になることはありません。

受け身で勉強すると、分かったような気になっているだけ

実際に分かっていないことが多々あります。

インパクトはありますが、インプットは中々できません。

ですので私は、動画や音声のみの教材はお勧めできないんですよね。

「コピーライティングの力2」に関しては、上述した通り

お勧めできる要素が何一つありません。

「The Million Writing」でしたら、この教材の3分の1ぐらいの値段で購入できてしまいますよ。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました