ツールで稼ぐebay輸出講座(TKE)を徹底調査!その評価は? 杉原裕一

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

私の好きな、無在庫転売の教材みたいです。

 

 

販売元詳細

・商品名  ツールで稼ぐebay輸出講座(TKE)

・販売者  杉原裕一

・住所   東京都足立区青井3-4-18 アーバンコートタカサ203

・電話番号 03-3852-7672

・URL   http://sugiyou.com/tek/

 

レビューサイトの評価

仕入先の値段や在庫の変化で利益が取れない可能性がある

無在庫転売は、先立つ資金が必要無いということで、

魅力的に写るかも知れないが、メリットばかりではない。

「無在庫転売のリスク」

・仕入れしようと思ったら品切れだった

・仕入値が上がっていた

・仕入れてみたら粗悪品だった

・大量注文の際に1ヵ所だけで仕入れ出来なかった

引用元:http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

 

無在庫転売の宿命みたいなものですね。

仕入先の環境変化で、今まで利益が取れていたものが急に取れなくなったり

そもそも在庫が無くて出品できなくなってしまったりします。

こういったリスクをなるべくなくすために、

仕入先を数か所探す必要がありますので

仕入れ先のリサーチに時間がかかるのは事実です。

 

大量出品が出来ない

eBayには、リミット(出品制限)という機能がある。

つまり出品数の上限を上げる「リミットアップ」をしなければ、

いつまでたっても大量出品出来ない

この「リミットアップ」は、

購入者からの評価を集めていくことで上がるが、

集まるまで時間がかかる。

引用元:http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

 

ebayにはそういった機能があるんですね。

私はebayを使っていないので、分かりませんが使い辛いですね。

売れる商品であれば、売り上げは出品数に比例しますし

売れるか分からない場合は、実際に出品してみて動向を探る必要があります。

そう考えると、出品数制限があるebayは販路としては

最初に使うものではないかもしれません。

 

仕入れ先が分からない

在庫転売のリスクや、

eBayでは、最初から大量出品が出来ないということを、

明かしていませんでした。

リミットアップの話が少し載っていましたが、

「リミットアップが出来なければどうなるのか?」

ということは、明らかにしていませんでしたね。

つまり、それがどういう事なのかと言うと、

それらの「リスク・難点」が、この「ツールで稼ぐeBay輸出講座」では、

完全に解消できていない言えるわけです。

引用元:http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

 

この点に関しては、頂けないですね。

無在庫転売にも、デメリットやリスクはもちろんあります。

セールスレターでそういった部分に触れないのは

どうしても教材を売ることが先に来てしまっているからですよね。

 

 

総評

まず初めに、ebayはアメリカの会社

オークションサイトです。

日本のヤフオクのような感じですが、規模が違います。

ものすごく大きな市場ですね。

ただ、アメリカの会社なので当たり前ですが

すべて英語ですし、出品する場合も英語になります。

それと最初出品するま出が少しめんどくさいんですよね・・・。

 

アメリカの会社ですので、日本の銀行に売上金を振り込んでくれる

機能はついていません。

ですので、PayPalと自分のアカウントを連結させることで

PayPal経由で売上金を自分の口座に入金する形になるんですよね。

ebayとPayPalの連結が結構めんどくさいです・・・。

それと、不正も何もしていないのに急に出品停止になります。

調べた感じだと、これはebayでは普通に起きる事みたいなのですが

解除してもらう必要があるのでこれもめんどくさいです。

私は、出品停止になってebayでの出品を諦めました。

 

ただ、稼げる市場であることは確かです。

利用している人の数が、日本のフリマやオークションサイトとは違いますから

売れる商品であれば、ものすごく売れます。

ただし、オークションサイトなのでオークション終了までは

落札されませんので、実際に売れるまでに少し時間がかかります。

それと、再出品をしないと新しい入札は出来ません。

 

では本題の無在庫転売に関してですが

無在庫は売れる前はノーリスクなんですよね。

仕入れがありませんから、売れなければ金銭的な動きはありません。

売れた後にリスクが出てきます。

無在庫の場合は、仕入先の値段と在庫の数が全てですから

仕入先の仕入れ値や在庫の数を頻繁にチェックする必要があります。

これをやらないと

売れた後に、仕入れ値が上がっていて利益が取れななかったり

仕入先の在庫数が0で購入者に商品を送ることすらできなかったりします。

そうならないために、仕入先を数か所確保しておく必要があるのですが

これが結構大変です。

利益が見込めないと意味がありませんので、中々見つからいです。

しかもAmazon限定で海外発送をしてくれる商品となると

かなり絞られてきます。

 

海外の場合は、関税のことも考えないといけないので初心者が最初にやる

無在庫転売としてはebayはお勧めできません。

このブログでも何度も言っていますが、まずはメルカリから始めてください。

そこでコツをつかんだら、ステップアップしていくのが良いのではないでしょうか。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。
 

副収入の1つにお勧め

副収入には色々な種類があります。

  • 本業以外のアルバイト
  • 投資による収入
  • アフィリエイト
  • 転売ビジネス
  • ギャンブル

挙げればきりが無いですが、普段お仕事をされている方ですと

会社が副業禁止であったり、時間的な余裕が無かったりと中々思い通りにいきません。

ですがこういった条件を全てクリアしたものがあります。

私も現在、副収入の一つとして毎月かなりの収入になっていますが

FXの自動売買を行っています。

FXの自動売買は、会社にばれることも無く

さらに本業で忙しい方でも取引自体を自動で行ってくれますので

問題なく行うことが出来ます。

本業をやっている方の副収入としてはとても理にかなっている方法です。

だからといって、どんなFX自動売買でも良いという訳ではありません。

使われたことがある方なら分かると思いますが、

かなりの方が資金を減らしていると思います。

ですが私が使っている自動売買は、資金を減らさない工夫がしっかり施されています。

少し長くなりますが詳しく解説していこうと思います。

ツール代金が無料

この自動売買ツールは無料です。

皆様の資金を減らさない様を最優先に考えているにもかかわらず

ツールが有料では、その時点で資金が減ってしまいますよね。

それでは意味がありませんので無料で使うことが出来ます。

サポート完備

これがこの自動売買の一番ポイントになる部分です。

実はFXの自動売買は、

完全にお任せにしてしまいますと

大抵どんなものでも資金を吹き飛ばします。

FX自動売買は、テクニカル分析のみで売買を行いますので

ファンダメンタルズに関しては全く未対応です。

FXのトレードを行ったことがある方ですと分かると思いますが、

主要な指標発表がある時間帯はテクニカルでは説明不可能な動きを必ずします。

この時自動売買を起動ししていた場合

予想通りに動けば爆益になる可能性もありますが、

予想に反した場合一瞬で資金を溶かします。

つまり、ほぼギャンブルと同じになってしまうんですよね。

この自動売買ツールは、そういったファンダメンタルズ要因による損失を無くすため

自動売買設置時に、どういった時に止めたら良いのかが記載されたものをお渡しします。

自動売買のonとoffはワンクリックで出来て、時間がかかることもありませんので

どなたでも問題なく出来る作業になります。

onとoffを切り替えるタイミングが分かるため

この自動売買は稼ぎ続けてくれるという訳ですね。

なぜ無料なのか

皆さんが一番気になるところはここだと思います。

そんなに素晴らしい自動売買ツールを、無料で配る必要なんてありませんよね。

もちろん、私自身がお金を持て余していて暇つぶしをしている訳ではありません。

実は、皆様のトレード実績をデータとして集めたいというのが理由です。

現在無料でお渡ししている自動売買は

onとoffを手動で行わなければなりませんが

最終的には、onとoffを自動で行うものを開発しようと考えております。

そのためには膨大なトレードデータが必要になりますので

個人で集めるのは不可能です。

そのために皆様のお力をお借りできればと考えております。

詳しい実績や応募方法に関しては下のリンクからお願い致します。


直接お問い合わせも可能です





もし何か質問や不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

せどり・転売
みやをフォローする
お金にまつわる情報商材良し悪し

コメント

タイトルとURLをコピーしました