トレンドスター(TrendStar) 杉田 順一

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

トレンドの相関性を利用したロジックのようです。

かなり独特なインジケーターですね。

 

 

販売元詳細

・販売者  杉田 順一

・住所   横浜市青葉区市ヶ尾町1154-2 市ヶ尾プラザビル605

・電話番号 045-532-8978

・URL   https://planetin.sakura.ne.jp/trendstar/infotop/

 

レビューサイトの評価

100%のトレンドを予想できると公言している

相関係数分析には確かに優位性がありトレンドの判断やリスク管理などの判断材料として

活躍する指標であることは事実です。

しかし、相場に「絶対」がないように、この通貨とこの通貨には相関がある

この通貨とこの通貨は逆相関だといわれていたとしても、

必ずそのように動くという保証>はありませんあくまで指標であり、目安です。

引用元:http://dz17.net/archives/2822

 

セールスレター上で公言しておりますが、100%のトレンドを予想できるようです。

ですが、相場に絶対はなので、100%予想することは出来ません。

相関性の高い通貨同士は同じ動きが多いことは確かですが、

だからといって真逆に動くこともありますので

100%と断言することは、明らかに誇大評価です。

 

ロジックが不完全

トレンドフォローにおいて最も重要なのは仕掛けのタイミングです。

『トレンドスター(TrendStar)』では、そこが全く不明瞭です。

トレンド発生そのものをどう認識するのか?どうやってダマシを回避するのか?

このあたりの情報(ロジック)が欠落しています。

結局、裁量判断が大いに入るのでしょう。だったら移動平均線で十分です。

引用元:https://fxinspect.com/archives/24837

 

セールスレターを読んで思ったのですが、明確なエントリータイミングの方法が

恐らく明記されていません。

あくまで、今現在トレンドが発生しているかどうかを判断する

インジケーターというだけで、

エントリータイミング・利確損切タイミング等は全て裁量任せです。

トレンドが発生中かどうか見るだけでしたら、相関性を見る必要はありません。

 

総評

そもそもこのロジックに相関性は必要なのか

「トレンドスター」は相場の動きに相関性があるものを3通貨取り出してきて

2つの通貨でトレンドが発生した場合に、もう一つの通貨で

トレンドに乗って利益を取るという手法ですが

トレンドの発生に相関性はあまり関係ないような気がします。

トレンドが発生しているかだけ判断するのでしたら、

1つの通貨を見るだけで特に問題はないです。

私の知っている手法に、相関性のある通貨が逆行した場合に

元に戻ろうとする動きを利用したトレード方法は知っていますが、

相関している場合にわざわざ相関性を見てトレードする必要はないですよね。

トレードする通貨だけ見て、

トレンドが発生しているかどうかを判断すれば良いのですから。

ほかの2つの通貨がトレンド発生しているから、取引通貨でトレンドが発生する確率は

極めて高いのは事実ですが、相関性が高いのですから当たり前ですよね・・・。

 

相場に100%は存在しない

上のレビューとも重なる部分ですが、相場に100%は存在しません。

セールスレターを読んでいて、一番違和感を覚えた部分ですが

100%という文言を頻繁に使っています。

100%と書かれると、初心者の方は素晴らしいインジケーターだと勘違いしがちです。

しかも、嫌らしいところは

結果的に当然そうなる部分を100%と表現している部分です。

例えば、セールスレター上で

EUR/USDとUSD/JPYが上昇した場合、EUR/JPYは100%上昇すると書いてあります。

この事実は確かに100%です。

ですがこれは、当たり前のことで

通貨の強弱がEUR>USD>JPYになっているからです。

このインジケーターを使うことで分かるような言い回しをしていますが、

全くそんなことはありませんので誤解しないでください。

そして、強弱が分かったからといって必ずしもトレンドが発生する訳でもありません。

 

表示している時間足が1分足

 

セールスレター上のインジケーター画像になるのですが

右上を見ると、(M1)と表示されています。

1分足のチャート画面ということになりますが、

1分足を使ったスキャルピングは、かなり難易度が高いです。

ダマシがかなり頻繁に出現するため、トレンドの把握が出来ませんし

保有時間が短いので、スプレットで負けてしまう可能性もあります。

1分足のスキャルピングが出来るのは、FXでかなりの経験を積んだ上級者の方だけです。

もちろんこのインジケーターは別の時間足でも機能する可能性はありますが

そういった説明も全くありません。

 

まとめ

杉田順一氏はFXやバイナリーオプションの教材を数多く販売していますが

どれもパッとしたものが無く、評価が良くないです。

「トレンドスター」も同じようにパッとしないというのが第一印象です。

セールスレターもかなり雑に作られています

取引通貨ペアは100%EUR/JPYの下落です

といった意味不明な文章が目立ちます。

また、通貨の相関性理論といった、独自の言い回しを使い

インジケーターのすばらしさを表現しようとしていますが、

この理論はただの通貨の強弱です。

これで49800円はあまりに高額で、詐欺教材といっても良いレベルなので

絶対に購入しないよう注意してください。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました