ハイブリッドメディアアフィリエイト 小西 和夫

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社アドシステム

・販売者  久米 妥

・住所   千葉県八千代市米本1359番地

・電話番号 050-3011-2893

・URL   http://yutubecom.org/hmalp/

 

レビュー評価

このノウハウは複数の媒体を利用して収益を得る方法になりますので、

収益の期待をすることは可能かとは思います。

しかし、私がこの教材を本格的に実践しなかった理由があります。

その理由は、資産化することが出来ない方法だからです。

引用元:http://アフィリエイト情報商材・教材.コム/

 

キュレーションサイトですが、自分の物ではなく、他の物を利用する関係で

アドセンスに関しては4割持っていかれてしまいます。

他人の物を使用する以上、自分の意思とは関係なく消去される可能性もありますし

アップロードし続けなければ、記事が埋もれてしまい

結局継続的に稼ぐことが出来ません。

 

いくら大丈夫だと思っていても、YouTubeの判断が全てなので、

YouTubeの方で動画誘導が主とみなされたしまった場合は

削除されてしまう。

アドモール系の動画は、YouTube規約からも

判るようにリスクがある方法となってしまう。

引用元:http://pompoom.com/

 

この商材はYouTubeからアクセスを集めるため、要になる部分なのですが

全てがYouTubeに依存しているため、

いつどんなタイミングで動画が消去されるか分かりません。

無料ブログなどもそうですが、自分の意思とは関係なく消去されるリスクがあるものは

長期的に稼ぐことが出来なくなる可能性があるので

お勧めすることが出来ません。

 

動画誘導に関する知識については学べる場所は実際にある。

ただ、このノウハウを実践することは色んなテクニック的な物は

学べる一方、アフィリエイトで長期的に稼ぎ続ける為の

根本的な事が学べない。

中途半端に色んな所をつまみ食いをしている感じだ。

この程度の分散なら、YouTubeアフィリエイトならそれに集中して、

ブログアフィリエイトならそちらに集中した方がいいと思う。

引用元:http://xn--cckcdp5nyc8gtf0795aodgfpz6rm1ggca.xn--tckwe/

 

キャッシュポイントが全部で4つあるのですが、それぞれのキャッシュポイントが

さわりの部分だけで、特化しているわけではないので

結局どれも中途半端になってしまいます。

結局長期的に稼ぐのであれば、

どれか一つに絞って特化した方が最終的に稼げます。

ですがデメリットとして、稼ぐまでに時間がかかります。

 

総評

キャッシュポイントの作り方はとても面白いと思います。

ですが、問題なのは自分のブログやサイトではなく

他のサービスをメインに使う所です。

キュレーションサイトにしろ、YouTubeにしろ

自分が展開するサービスではないので、

キャッシュポイントが急になくなってしまう可能性があります。

この部分に関してはいくら自分が努力してもどうすることも出来ない部分です。

例えば、2017年11月29日にYouTubeの動画消去がありました。

かなり大量の動画が消去され

「ハイブリッドメディアアフィリエイト」のノウハウで作成された動画も

ほぼすべて消去されたみたいです。

YouTubeはアクセスをキャッシュポイントに流す重要な役割があるため

YouTubeの運営者に消去されることは死活問題になります。

ですがこういった事例がある以上、

今後も同じような消去祭りが起きる可能性が高く

そうなると、この商材で稼ぎ続けることは難しいです。

結局アフィリエイトで稼ぎ続ける場合は、他人の介入が一切ない状態を作っておかないと

対策の仕様も無く、キャッシュポイントへの誘導やキャッシュポイントを生み出す記事が

消去される可能性があるんですよね。

ブログの場合は、有料サーバーを使い、独自ドメインを取得すれば

それだけで自分を主体としたキャッシュを生み出す場所を作ることが出来ます。

もし無料のレンタルサーバーを使用しているようでしたら

直ちに、有料の物を使ってください。

無料ブログも運営側の気分次第でいつでも消去されます。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました