プロフィットせどり2 岩崎 秀秋

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社キュリアスコープ

・販売者  岩崎 秀秋

・住所   北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2 レノンテラーザ6-3 3F

・電話番号 011-252-9200

・URL   http://profitsedori.com/top/

 

レビューサイトの評価

セールスレターに矛盾点がある

(プロフィットせどり2は)セールスレターに矛盾点があるのです。

セールスレターでは、「プレミア本は一切狙わない」と書かれています。

ですが、セールスレターに掲載されている売れた実績のある

古本一覧の中に、プレミア価格で売れた古本が多数あるのです。

引用元:https://sadosai.com/profitsedori-review

 

私も確認してみましたが、確かにプレミアム商品がありました。

というより、ほとんどプレミアム商品でしたね・・・。

古本は仕入れ値は安いですが、売値も安くなるため

プレミアム商品を狙っていかない限り、利益がほとんどとれないです。

 

古本は仕入れから保管までが大変である

個人的には古本せどりはあまりおすすめ出来ない。

なぜなら、古本せどりは数多くの店舗を自分の足を使って回り

仕入れをしなければならず、労力の割に利益が少ないからだ。

また、仕入れした本の保管場所の確保や日焼け対策といった

対応も必要になる。

ツールを利用して仕入れも全部オンラインでやった方が、

ずっと効率的でストレスもたまらない。

引用元:http://xn--kery04b80adzj.com/sedori/1734/

 

せどりの定番でもありますが、古本は自分でお店に足を運び

仕入れる必要があります。

ネットで売っている古本は、それこそせどり転売で売られている可能性が高く

仕入れるには値段が高いです。

リーサーチそして仕入れまでの時間的効率を考えると

利益率が良いとは言えません。

 

再現性はあるが、継続性がない

かなり面倒臭い手法で、

やれば再現性はあるかもしれないけど、

やり続けられる人がほとんどいないような内容だから。

もしくは理屈としては再現性があるけど、

実行はかなりむずかしい。

引用元:http://genrigensok.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

 

私も、古本せどりはやったことが無いので、断言はできませんが

やれば利益が取れる可能性は高いです。

ですが、仕入れの手間や薄利多売になることを考えると

継続するのが難しいです。

発送はAmazonのFBAを使えば出来ますが、手数料を考えると

どうしても利益が少なくなってしまいますね。

 

 

総評

「プロフィットせどり2」ですが、再現性はあると思います。

実践すれば、利益を生むことは可能です。

発送も自分でやれば、Amazonにこだわる必要もなくなりますので

他のフリマでも出品できるようになります。

手数料もかからないため、ある程度の利益も見込めると思います。

 

ですが、一番ネックになるのが

自分の足で仕入れを行わなければならないことです。

薄利であることには変わりないので、

ブックオフオンラインで探して仕入れを行うと、送料がかかってしまうため

その分利益が減ってしまいます。

自分で仕入れる場合は、1日がかりで仕入れることになると思いますので

副業でやる場合は、休みを返上しなければなりません。

月いくら稼げるかにもよりますが

月数万円程度でしたら、おそらくモチベーション的に

やり続けるのは難しいと思います。

また数万円程度でしたら、無在庫転売をした方がよっぽど楽です。

在庫を抱えることがありませんので、

ノーリスク仕入れをする必要もありません。

やることはコピペと右クリックだけです。

そう考えると、いくら再現性があるからといって

「プロフィットせどり2」をお勧めできるかというと、

古本がとても好きな人以外にはお勧めできないですね。

 

フリマやオークションサイトの知名度が低かった時代は

自分の足で仕入れて、Amazonで売るのが王道だったのかもしれませんが

今はフリマもオークションサイトもCMでやるほどになりましたので

知名度がかなり上がりました。

そうなると、あえて自分の足で古本を仕入れてせどりを行うより

もっと効率よく転売が出来る商品が簡単に仕入れられます。

この商材がダメだとは言いませんが、

再現性・継続性のある、せどり転売商材は他にもありますので

そちらを実践した方が継続的に続けられると思います。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました