上野ジャパンFXを徹底調査!その評価は? 上野良介

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

自動売買ツールになりますね。

かなり高額な商品になりますので、しっかり調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・商品名  上野ジャパンFX

・販売会社 株式会社アナザービュー

・販売者  上野良介

・住所   大阪市北区西天満4-11-8-701

・電話番号 080-7733-3962

・URL   http://ueno-r.com/uenofx_sp/index.php

 

上野ジャパンFXとは

FXの自動売買ツールで、使用する通貨はドル円のみになります。

月6~10回のトレード回数とのことですので、

スキャルピングではなくデイトレ以上の期間でトレードするようですね。

手法はナンピンとマーチンを組み合わせたものになります。

onとoffの切り替えについても触れていますので、自動売買ツールとしては

問題なさそうですね。

最低証拠金が30万円必要とのことですので、リスクをかなり抑えた取引が可能かと思います。

私がご紹介している自動売買ツールも、最低証拠金20万円ですので

リスクを抑えるためにはどうしてもそれぐらいの証拠金が必要になってきてしまいますね。

この自動売買はLP上に取引履歴等が何も載っていませんので

情報がとても少ないですが

その中でいくつか気付いた点を挙げていこうと思います。

 

上野ジャパンFXの問題点

価格が高い

この自動売買ツールの一番の問題点は価格ですね。

価格が248000円します。

自動売買ツールの中でもかなり高額な商品ですね。

もしこのツールを動かすとなれば、

購入代金に証拠金を30万円用意しなければなりませんので、合計で55万円必要になってきます。

自動売買ツールに限らず、情報商材系に関しては

価格に関係なく良いものは良いですし、高いからと言って良いものだとは限りません。

もちろんお金が無限にあるなら何を使っても問題無いのですが、そんなことありませんよね。

私の自動売買ツールでしたら、ツール代は無料で

最低証拠金が20万円ですので

この商品代金を全て、私のツールの運用資金に回せば

それだけで資金が増える柱が出来てしまいます。

投資の場合はお金を使ってお金を増やしていきますので

情報の少ない、不確かなものに手を出すぐらいでしたら

しっかりと情報が出回っているものを使って

確実にお金を増やしていくことを考えた方が良いと思います。

 

最大ドローダウンの表記が曖昧

このブログでも何度も言っていますが、

EAを使うかどうか判断する一番大事な数値は最大ドローダウンです。

最大ドローダウンというのは、確定損失で

最大どれぐらい資金が減ったかを示すものですので、含み損は含まれていません。

ですので最大ドローダウンが大きければ

含み損を抱えている時はさらに大きな損失が出ていることになりますので

証券会社によっては強制ロスカットになる危険があります。

この自動売買ツールに関しては

最大ドローダウン52.90と表記されているのですが

なぜか単位が書かれていないんですよね。

基本的に最大ドローダウンは%で示されますので、おそらく52.9%だとは思いますが

最大ドローダウン52.9%は高すぎます。

ナンピンとマーチンを採用した手法になりますので、

ドローダウンが大きくなるのだと思いますが

このドローダウンの数値を見ると、ナンピンとマーチンの回数制限が無いのかもしれませんね。

私の自動売買ツールに関しては、同じようにナンピンとマーチンを採用していますが

回数が定められていますので、急激な相場の変動があったとしても

問題ないように作られています。

そのため最大ドローダウンが10%に抑えられているのですが

比べればどれだけ52%が大きいか分かると思います。

検証期間がどれぐらいなのかが書かれていませんので、正確にはお答えできませんが

長期的に運用すれば、全ての資金が吹き飛ぶ可能性が非常に高いですね。

ドローダウンは最大でも20%未満が理想です。

 

総評

「上野ジャパンFX」ですが、

最大ドローダウンが大きいことからお勧めすることが出来ません。

onとoffの切り替えに関しての表記があったので、少し残念ではありますが。

FXの自動売買ツールは

ずっと起動しっぱなしで運用するような書き方の物が多いです。

私の自動売買ツールももちろんそうですが

苦手な相場に必ず出くわします。

そういった相場で起動し続ければ、資金は減る一方ですので

一つの自動売買ツールで資金を増やし続けるには必ずonとoffが必要になってきます。

ですので、「上野ジャパンFX」も最大ドローダウンが低いようであれば

ある程度お勧めできる自動売買ツールだったと思います。

私の自動売買ツールと、「上野ジャパンFX」の一番の違いは

口座縛りがあるかないかです。

「上野ジャパンFX」に関しては、口座縛りがありませんので

どういった証券会社で使っても問題ないんですよね。

私の自動売買ツールの場合は、外部に漏れることを防止するため

指定口座以外では動かないようになっています。

有料の自動売買ツールの良さはそれぐらいでしょうか。

別にツールを動かすだけでしたら、こちらから指定した口座で起動しても

何も問題ないと思います。

ですので、高額なツールを購入するよりは

私の無料ツールを使って頂いた方が資金的に良いと思うのですが、

最終的な判断はご利用される方に決めて頂くしかないですね。

ただ、「上野ジャパンFX」に関してはドローダウンが大き過ぎますので

利用することはお控えください。

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

副収入の1つにお勧め

副収入には色々な種類があります。

  • 本業以外のアルバイト
  • 投資による収入
  • アフィリエイト
  • 転売ビジネス
  • ギャンブル

挙げればきりが無いですが、普段お仕事をされている方ですと

会社が副業禁止であったり、時間的な余裕が無かったりと中々思い通りにいきません。

ですがこういった条件を全てクリアしたものがあります。

私も現在、副収入の一つとして毎月かなりの収入になっていますが

FXの自動売買を行っています。

FXの自動売買は、会社にばれることも無く

さらに本業で忙しい方でも取引自体を自動で行ってくれますので

問題なく行うことが出来ます。

本業をやっている方の副収入としてはとても理にかなっている方法です。

だからといって、どんなFX自動売買でも良いという訳ではありません。

使われたことがある方なら分かると思いますが、

かなりの方が資金を減らしていると思います。

ですが私が使っている自動売買は、資金を減らさない工夫がしっかり施されています。

少し長くなりますが詳しく解説していこうと思います。

ツール代金が無料

この自動売買ツールは無料です。

皆様の資金を減らさない様を最優先に考えているにもかかわらず

ツールが有料では、その時点で資金が減ってしまいますよね。

それでは意味がありませんので無料で使うことが出来ます。

サポート完備

これがこの自動売買の一番ポイントになる部分です。

実はFXの自動売買は、

完全にお任せにしてしまいますと

大抵どんなものでも資金を吹き飛ばします。

FX自動売買は、テクニカル分析のみで売買を行いますので

ファンダメンタルズに関しては全く未対応です。

FXのトレードを行ったことがある方ですと分かると思いますが、

主要な指標発表がある時間帯はテクニカルでは説明不可能な動きを必ずします。

この時自動売買を起動ししていた場合

予想通りに動けば爆益になる可能性もありますが、

予想に反した場合一瞬で資金を溶かします。

つまり、ほぼギャンブルと同じになってしまうんですよね。

この自動売買ツールは、そういったファンダメンタルズ要因による損失を無くすため

自動売買設置時に、どういった時に止めたら良いのかが記載されたものをお渡しします。

自動売買のonとoffはワンクリックで出来て、時間がかかることもありませんので

どなたでも問題なく出来る作業になります。

onとoffを切り替えるタイミングが分かるため

この自動売買は稼ぎ続けてくれるという訳ですね。

なぜ無料なのか

皆さんが一番気になるところはここだと思います。

そんなに素晴らしい自動売買ツールを、無料で配る必要なんてありませんよね。

もちろん、私自身がお金を持て余していて暇つぶしをしている訳ではありません。

実は、皆様のトレード実績をデータとして集めたいというのが理由です。

現在無料でお渡ししている自動売買は

onとoffを手動で行わなければなりませんが

最終的には、onとoffを自動で行うものを開発しようと考えております。

そのためには膨大なトレードデータが必要になりますので

個人で集めるのは不可能です。

そのために皆様のお力をお借りできればと考えております。

詳しい実績や応募方法に関しては下のリンクからお願い致します。


直接お問い合わせも可能です





もし何か質問や不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

fx
みやをフォローする
お金にまつわる情報商材良し悪し

コメント

タイトルとURLをコピーしました