日経225マスタープログラムを徹底調査!その評価は? Mr.Hilton

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

日経225先物の教材になります。

価格は高いですが、インフォトップの宇井上げランキングでは上位にありますので

とても気になる教材ですね。

詳しく調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・商品名  日経225マスタープログラム

・販売会社 ウイニングクルー株式会社(Winning Crew K.K.)

・販売者  Mr.Hilton

・住所   東京都港区赤坂3-21-16 SKIビル 3F

・電話番号 0422-24-8908

・URL   https://www.w-crew.com/hilton/master225/

 

日経225マスタープログラムとは

動画商材になります。

1分足と5分足を使いトレードを行うのですが、順張り・逆張りどちらにも対応しています。

順張りの場合は、移動平均線を使ってトレードしていく形になります。

逆張りに関しては、ボリンジャーバンドMACDを使います。

それと、この教材ではサポレジ表というのを作ります。

サポレジ表とは、サポートラインとレジスタンスラインを

ビジュアル的に見やすくした表の事です。

これを毎日作成していくことになります。

購入後2週間の間は、Mr.Hilton氏の作成したサポレジ表が送られてきますので

それを見ながら作り方を覚えていく感じになりますね。

最初はとても時間がかかる作業になりますが、この教材の要でもあり

作成することで、相場観を身に着けることが出来ますので

手を抜かずしっかり作成してく必要があります。

もちろん慣れてくれば、すぐ作成できますのでそこは安心してください。

この教材に関しては大きな問題点はみつかりませんでしたので

購入前に知っておいた方が良い事だけ挙げていこうと思います。

 

日経225マスタープログラムの問題点

すぐに勝てる教材ではない

この教材は、よくある矢印が出るサインツールとは違います。

少しずつ経験を積みながら相場観を身に着けていく教材です。

そのためのレジサポ表なのです。

トレードに関しては、インジケーターやオシレーターは使いますが

レジサポ表を絡めていきますので

完全な裁量トレードになります。

ですので、レジサポ表の作成もそうですが

トレードに関してもかなりの練習が必要になってきます。

最初は中々利益が出ませんし、損失が出る可能性も十分あり得ます

それを乗り越えない限り、この手法で利益を積み上げていくことは出来ませんので

最低数か月間は、トレードを練習するための投資だと思って

損失が出ても我慢する必要があります。

 

手法に関してはよくある一般的なもの

使うインジケーターは移動平均線、ボリンジャーバンド、MACDですので

移動平均線を使った、順張りトレードですと

パーフェクトトレードグランビルの法則などがありますので

そのどちらかだと思います。

ボリンジャーバンドとMACDを使った逆張り手法は

恋スキャFXなどでも使われている、とても一般的な手法で

MACDでトレンドかレンジかを判断して、ボリンジャーバンド2σタッチ

逆張りエントリーしていくとか、そういった類の物でしょう。

ですので、この教材を買ったからといって

目新しい手法が学べるというものではありませんので、その点だけは注意してください。

よくある手法に、この教材オリジナルのレジサポ表を絡めることで

より精度の高いエントリーが出来るようにしていくものですので

レジサポ表を作ることをさぼってしまいますと

この教材を買った意味は全くなくなってしまいます。

 

利確・損切りが曖昧

この手法最大の問題はこの部分になります。

レジサポ表を作ることで、チャートの値動きの全体像が見えるようになり

相場観が身に付きます。

エントリーに関しては、手法がありますので

レジサポ表と絡めることで、勝率の高いポイントでエントリー出来るようになります。

ここまでは、この教材を評価できるポイントなのですが

唯一、利確損切に関する明確な方法が載っていません。

抽象的な表現で、利確損切を説明しているのですが

トレードで一番大事なのは、エントリータイミングではなく

利確損切のタイミングです。

理由は、メンタル部分がものすごく影響してくるからですね。

明確な利確損切が設定できないと

プロスペクトル理論の影響から、利小損大の形になりやすく

思ったような利益を出すことが出来ません。

エントリーに関しては、せっかくレジサポ表やインジケーターを使い

ベストなタイミングで出来たとしても

それが全て無駄になってしまう可能性があるんですよね。

それぐらい重要になってきますので、

利確損切が曖昧なのは、他がある程度しっかりしている教材ですので勿体ないですね。

 

 

総評

「日経225マスタープログラム」ですが、教材としては悪くないと思いました。

レジサポ表に関しては、最初は作るのは大変だとは思いますが

これを身に着けることで、

チャートがどの位置で反転するかもみ合うかがある程度予想できるようになりますので

一生のスキルになることは間違えありません。

手法に関してはごく一般的なものですので、

オリジナル要素はありませんが、

株やFXは極端な話、手法はどんな手法でも構いません。

大事なのは、資金管理とメンタルですね。

ですので、資金管理に直結する利確損切に関する内容が曖昧なのが

とても残念です。

手法自体が一般的なものですので、同じような手法で

どういった利確損切を行っているのか調べておく必要があると思います。

この教材自体、Mr.Hilton氏と同じ成績が残せるというコンセプトで作られていませんので

レジサポ表を作ることだけに徹する教材と割りきれば

評価できるものだと思います。

ただ、値段が5万円をこえてきますので

教材としてはかなり高い方だと思います。

一生使えるスキルが身に着くとは思いますが、資金に余裕が無い方でしたら

まずは別の方法(自己アフィリや転売)である程度の資金を作って

それからトライしてみることをお勧めします。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。
 

本当に稼げる情報限定公開!

・初心者の方でも再現性100%

・対面による指導!!

・1ヶ月後に月収50万円以上可能!!

・その後は継続的に月収50万円以上を稼ぎ続けます。


詳しくはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました