amazon輸入リサーチツール「アマストック」 有本 周平

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

月額制の商材になります。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社リアランドネット

・販売者  有本 周平

・住所   東京都調布市調布ケ丘4-41-1調布ヶ丘レジデンス201

・電話番号 080-3158-7787

・URL   http://xn--amazon-ns4emd1a19aoa5rc6627i817i.jp/

 

レビューサイトの評価

20日間は無料だが、解約が必要

転売ビジネス初心者の方に無料ならやってみようと登録させて、

20日後に、9,800円引き落とされる。

20日間無料な訳ではなく、

9,800円支払えば、

20日間 + 1ヶ月間

このツールをを使えるという事。

引用元:http://info-bakugeki.com/sagi21/

 

動画配信サイトでも良くありますが、解約をしなければ

勝手に引き落とされます。

もちろん、セールスレターにも

「解約すれば20日間は無料で使えます」

と書いてありますので、騙しているわけではないですが

9800円というのはかなりの高額ですので、注意しなければなりません。

 

バックエンドがある

有本周平氏は、過去に数々の高額塾のオファーや

転売系セミナーのオファーを出している。

そして、どのオファーも最終的に行き着く先は、

『SBC  side business club』 348,000円

の高額塾への勧誘。

引用元:http://nb-resucue.com/3/

 

バックエンドがある商材はお勧めできません。

しかもよくある高額塾ですね。

本当に素晴らしいものでしたら、高額であっても

それ以上のリターンが見込めますが、

調べたところこちらの販売者の良い評価を全く見ませんでしたので

どんなに良いことが書いてあっても

騙されないでください。

 

ツール自体はそこまで悪くないが、月額9800円かかる

この商材は、ライバルの在庫数や、売れている商品の販売数を

調べることができるため、

資金が少なくても効率よく仕入れることが可能。

不良在庫や在庫不足を防ぎ、どのくらい仕入れたらいいかを

知ることができる。

引用元:http://isoness.com/sedori_tools/13635/

 

ツール自体は悪くは無いみたいです。

ですが、月額9800円払う価値があるかというと

そこまでの価値はないのかなと思います。

Amazonで商品を出品する場合は大口出品で月額5000円かかります。

月額15000円も払うのでしたら、

せどり転売をやらずに、もっと良い投資方法があります。

 

総評

バックエンドがある商材は、どんなに良いものでも

私はお勧めしません。

しかもバックエンドが高額塾ですので

本当によくあるパターンですね。

こういった高額塾で、良いものは無いです。

もし本当に良い塾でしたらわざわざバックエンドでの販売ではなく

そのまま商品として売り出せば良いですからね。

それをやらない理由は、販売しやすい環境を作るためで

売れば終わりになる可能性があります。

高額塾で、マニュアルを渡してそれで終わりでは

塾に入った意味がないですからね。

 

ツールはともかく、この商材の販売者の評価は

かなり悪いです。

バックエンド商品であるSBCについても調べましたが

利益が取れそうな商品を、3日に1度送ってくれるそうです。

そのサービスを6か月間受けることが出来ますが、

それ以降は受けることは出来ません。

そしてこちらのツールを月額980円で使うことが出来るみたいですね。

ですが、過去にこちらに入塾すると

更に100万円のバックエンド商品

売りつけてきたことがあったそうです。

転売のバックエンドで140万もかかるのは、さすがにあり得ないですよね・・・。

 

3日に1回送られてくる商品が全く稼げないということはないと思いますが

良い評価をしているブログなどは全くありませんでしたので

バックエンド商品に30万払っても、元が取れるかどうかわかりません。

というか、せどり転売に使えるお金が沢山あれば

高額商品や大量に仕入れられますので、稼げます。

ですが、そうでなければ仕入れが出来ませんので

稼ぐことが出来ないんですよね。

ブランド商品などがその例ですが

50万で仕入れて、60万円で売れれば10万の利益が出ますが

そもそも仕入金額の50万円が無ければ何もできませんよね・・・。

このバックエンド商材も、その可能性がないとは言えませんので

絶対お勧めできません。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました