Caroon!(カルーン)輸出王 根本 毅   

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

 Amazon輸出転売に特化したツールです。

輸入転売のツールはよく聞きますが、実はAmazon輸出転売も

大きな利益を生み出すことが可能なビジネスです。

詳しく調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社セントレクス

・販売者  根本 毅

・住所   大阪市西区立売堀1丁目6-15日宝四ツ橋中央ビル3F

・電話番号 06-4394-8734

・URL   http://caroon.jp/index.html

Caroon!(カルーン)輸出王とは

Amazon輸出用リサーチツールになります。

ブラウザ形式で、ログインすることで使用可能になるためツール自体は

スマホでも使用可能になります。

またよくあるツールと違って、買い切りタイプのため

1回に払う金額は19800円と高額に思えますが、長期的に使用することを考えると

かなり安価な値段設定だと思います。

輸出先もバージョンアップし、現在は5か国に対応していますので

多くの販路で転売できるところも魅力の一つですね。

ですがいくつか気にある問題点を発見しました。

詳しく書いていこうと思います。

 

Caroon!(カルーン)輸出王の問題点

ランキング情報から売れた個数をカウントする

「カルーン」は日々ランキング情報を取得しデータとして保存しています。

順位が上がることで、1個売れたとカウントしているのですが

これだと実際に売れているかどうかかなり曖昧になってきます。

具体的に数字を出して説明すると

5000位→4000位になった場合も、5000位→4999位になった場合

どちらも1個売れたとカウントされます。

順位が1つ上昇することは、全く売れていなくても起こる可能性がありますので

順位が上がった事実だけを集計して売れた個数としてカウントされてしまうと

全く売れていない商品であっても、カウントされてしまうため

誤った商品を仕入れて出品してしまう危険性があります。

かなり極端な例なので、順位が1つずつ上昇していく現象は

そこまで多く発生する訳ではないと思いますが

もしこのツールを使う場合は、販売個数を素直に信じて仕入れるのは辞めて

もう少し詳しく調べた後に、仕入れて販売するようにした方が良いと思います。

 

為替変動が利益にかなり影響する

ツールの問題点ではないですが

輸入と違い、輸出の場合は売上金が外国の通貨になりますので

円との為替レートの変動が利益に直結してしまいます。

輸入の場合は、仕入れた時点でのレートによって販売価格を調整すれば

販売する時は円で支払われますので為替の影響を受けづらいです。

それと輸入転売の場合は、基本的に仕入先が中国になりますが

中国との為替レートの変動幅は、他の通貨との為替レートの変動幅より

狭いですので為替を気にする必要が無いんですよね。

ドルやユーロやポンドは1日で数円動きます。

輸出の場合は、円高に動けば動くほど利益が少なくなります。

円はリスク回避通貨ですので、世界情勢で何か不安な動きがあると

すぐ円を買う動きになります。

円が買われると円高になりますので、輸出販売の期間が長くなればなるほど

為替のせいで利益が無くなってしまう可能性があるということを

気にしておく必要があります。

 

総評

「カルーン」ですが、ツールとしては良い部分も多く、しかも買い切りタイプですので

コストを最小限に抑えて、輸出転売ビジネスに取り組むことが可能だと思います。

特にアメリカのAmazon市場は全世界の中でもトップの売上ですので

販路としては最高の場所になります。

ですが、輸入とは違いお客様が外国人になりますので

輸入よりハードルが上がります。

販路であるAmazonはアメリカがメインになる以上英語です。

グーグルの翻訳機能を使えばある程度は出来ますが

AmazonFBAの出品は結構複雑で日本のAmazonですら出品するのに

結構てこずりますので、慣れるまではそれなりに時間を取られてしまいます。

それと問題点でも上げましたが、為替レートが利益に直結してきますので

為替の情報もある程度知っておく必要があります。

例えばアメリカの雇用統計の発表は第一金曜日にありますので

その日に関して言えば、為替がかなり大きく動いてきます。

そういった日に円に換金してしまうと、ものすごい円高に動いた場合

利益が極端に減ってしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

私の中では、無在庫転売→Amazon輸入転売→Amazon輸出転売

この順倍でステップアップしていくことが

一番リスクが少なく、それでいてスムーズに展開していけると思いますので

もし転売初心者の方は、あえて最初からAmazon輸出転売をやる必要は無と思います。

このツールを有効活用できるのは、Amazon輸入転売で利益を出していて

さらに利益を増やしたい方限定です。

それ以外の方は、まず自分のレベルに合った転売ビジネスを極めることから始めてください。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました