China Import Master Plan 丸山 直人

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

中国輸入転売の商材ですね。

やり方さえ分かれば確実に稼げます。

 

 

販売元詳細

・販売会社 株式会社Lustear

・販売者  丸山 直人

・住所   北海道千歳市若草1-23-13

・電話番号 0123-21-8950

・URL   http://maru01.com/info/cimp/

 

レビューサイトの評価

簡単に稼げるわけではない。

”仕入れ価格が安くて、高利益で、何度もリピート”が

出来るような内容となっているわけですが

実践したら、即簡単に稼げるような内容ではないです。

出典:https://photo-miki.xsrv.jp/2016/12/08/p-2357/

 

中国輸入転売は、ある程度の経験は必要になってきます。

仕入れまでに時間がかかるので、今売れている商品が

仕入れた後に売れるかどうかは分かりませんので

先読みする必要があります。

 

タオバオ商品は粗悪品が多い

中国輸入の方法は安く一括で仕入れられるため、

日本だけの仕入れよりも効率と利益率がいいのが特徴。

デメリットは商品の写真と違う商品が送られてくる

不良品問題と言語の問題がある事だ。

ただ、中国輸入代行業者ができてからは

言語の壁はクリアできるようになった。

引用元:https://afi-business.com/chuugoku-yunyuu-yarikata/

 

この商材についてではないですが、タオバオから仕入れる場合

検品必須です。

かなり残念な商品が大量に入っているので、実際に売れるものが

ほとんどなかったりします。

 

中途半端な気持ちでやると、赤字になる可能性もあり得る

「China Import Master Plan」は初心者でもできる内容で、

副業でも実践できる。

ただし転売ビジネスはそんなに甘い世界ではないため、

真剣に取り組まなければ報酬を得ることができないと思う。

中途半端な気持ちだったらあまりオススメできない。

引用元:https://review.net-busines.com/

 

どんなビジネスでもそうですが、中途半端な気持ちでは結果は出ません。

タオバオから商品を仕入れる場合、直接仕入れることが出来ませんので

代行業者に頼む必要があります。

販売されている値段と仕入れ値+代行料を正確に把握しないと利益が取れないです。

中途半端な気持ちでやると赤字になります。

 

総評

中国輸入転売は現在も稼げますし、今後も稼ぐことは可能だと思います。

私自身やっていますので、分かりますが

慣れればかなり簡単に利益を出せてしまいます。

転売先もAmazonに限らず、フリマでも大丈夫ですので

Amazonの大口出品にかかる月額5000円を払いたくない場合は

メルカリなどのフリマで出品してみても良いと思います。

ですが、AmazonのFBAと違い梱包から発送まで自分でやらなければならないので

ある程度作業は必要なります。

 

仕入先は中国のタオバオになりますので、すべて中国語です。

検索も中国語でしなければならない様に思えますが、便利な検索方法があります。

この方法で検索すると

中国語を入力することなくお目当ての商品を1発で見つけられますので、

中国輸入ですが中国語を使う必要は一切ありません。

商品ページに関しては、google翻訳で大体分かりますので

商品ページも問題なく作れてしまいます。

仕入れる商品に関しては、少しコツが必要ですが

「China Import Master Plan」に書かれていることをしっかり理解して実践すれば

ある程度苦労することはあると思いますが

確実に利益を生み出すことは可能だと思います。

 

転売は、アフィリエイトとは違い

始めたその日からでも利益を生み出すことが出来ますので

副業を初めてやられる方にはとてもお勧めのビジネスです。

最初は国内転売から始めて、ある程度経験を積んだら

「China Import Master Plan」を購入し

中国輸入転売に挑戦してみることをお勧めします。

海外から輸入するとなると、ハードルがとても高い感じがしますが

実際はそんなことはなく、

誰でも簡単に輸入することが出来ます。

タオバオ商品は仕入れ値が安いので、関税がかかることもありません。

ですが、一つの商品が一定の金額以上になると

関税を払わなければなりませんので

まずないとは思いますが

数千円以上するような高い商品を仕入れる場合

関税がいくらかかるのか調べる必要があります。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました