ダブルエグジットFX&BOを徹底調査!その評判・評価は?  杉田順一

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

かなり変わったセールスレターで、読み解くまでにかなり時間がかかりましたが

詳しく解説していこうと思います。

手法としてはあまり見たことが無い、かなり独特な手法ですね。

 

 

販売元詳細

・商品名  ダブルエグジットFX&BO

・販売会社 表記無し

・販売者  杉田順一

・住所   神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1154-2市ヶ尾プラザビル605

・電話番号 045-532-8978

・URL   http://planetin.sakura.ne.jp/wexit/infotop/

 

ダブルエグジットFX&BOとは

概要をまとめてみました。

  • 使う時間足は5分足で、通貨ペアはユーロ円・ポンドドル・ユーロポンド
  • FXとバイナリーオプションどちらでも使用可能
  • ロンドン時間かニューヨーク時間どちらかでトレードを行う
  • 3通貨の強弱がインジケータで表示され、強い通貨ペアと弱い通貨ペアがチャートに表示される
  • 使われているインジケーターはすべてオリジナルの物である。
  • 1年間のメールサポートが無料で受けられる

こんな感じです。

セールスレターがかなり抽象的で難しい表現を使っているため、

レターを読むだけでも大変です。

とりあえずチャート画面を見てみたいと思います。

こちらになるのですが、いつも見ているチャート画面とは全く違います。

このチャート画面は上と下で別の通貨ペアが表示されるのですが

チャート画面が線対称のようになっているのが分かります。

これが「ダブルエグジットFX&BO」の特徴です。

画面左上に3つの通貨ペアの強弱が表示されているのですが

3つの通貨ペアのうち左の通貨ペアがチャート画面上に右側の通貨ペアが下に表示されます。

そして、右下に表示されている赤丸部分が、通貨の強弱で一番弱い通貨の

現在の価格なのですが、

この値がちょうど上下の通貨ペアチャート画面の真ん中に来ている時

トレンドが発生しやすい状況にあるようです。

 

この手法の一番特徴的なことが、通貨ペアに円を使わないことです。

ユーロドルは別ですが、

ポンドドルやユーロポンドを使って

トレードすることはあまり無いと思います。

レターだけ見ると、不安な要素がいくつか浮かび上がってきます。

一つはかなり重要な問題点ですので、詳しく解説していきます。

ダブルエグジットFX&BOの問題点

過去チャートを見れば線対称に見える

この教材の一番の不安要素がこの部分です。

過去チャートと現在動いているリアルチャートでは、

結果的に同じ動きだったとしても見え方が全然違ってきます。

一番分かりやすい例はボリンジャーバンドですね。

ボリンジャーバンドは±2σに収まる確率が95.4%です。

実際に過去チャートにボリンジャーバンドを表示してみると

確かにほとんどの足が±2σに収まっています。

では、単純な話⁻2σにタッチしたら逆張りで買い

+2σにタッチしたら逆張りで売り注文をして

勝てるかというと、絶対勝てません。

過去チャートを見るとしっかりと±2σに収まっているにもかかわらずです。

ボリンジャーバンドの場合は、チャートが動けばそれに応じて

ボリンジャーバンドも動きますので、100%当てはまる訳ではありませんが

同じことが言えてしまうんですよね。

この教材のチャート画面が実際に動いている時、

2つのチャートが線対称になっているかどうか判断するのは極めて困難です。

この教材の手法は、線対称になった場合にトレードを行うのですが

実際に動いているチャートでそれを行うことは、初心者の方には絶対無理でしょう。

恐らく、このチャート画面を見て利益を残せるのは開発者の方だけですね。

 

エントリーから決済までが良く分からない

チャート画面を見る限り、

トレンドが発生すると緑とピンクの線が出現するようです。

ですので、エントリーに関しては

ピンクと緑の線が重なって出現したとき(画像真ん中)に

エントリーするのだと思うのですが

トレンドが発生していないところでも、

ピンクと緑が重なって出現している場所はいくつもあります。

ですので、フィルタリングとして、

トレンドが発生している条件を別の視点でプラスする必要があります。

ただこのチャート画面を見る限り、別の視点からトレンドの判断が出来ないんですよね。

リアルに動いているチャートでトレンドかレンジかを判断するためには

何か明確な定義(数値化)が必要になってきます。

マルチタイムフレーム分析を使い、ダウ理論に基づいてトレンドを定義すれば

数値化する必要がありませんが

この手法を見る限り5分足のみを使ってトレードが完結しています。

そういった場合はトレンドかどうかを判断するために

どうしても一般的なインジケーターやオシレータに頼る必要が出てくるのですが

この教材のチャート画面ではそれを確認することが出来ません。

実際に動いているチャート画面でトレードしてみると

私の言っていることが良く分かると思います。

エントリーできませんよ。

決済に関しても同じことが言えて、

固定で○○pipsで利確損切以外は、

決済するタイミングがこのチャート画面からだと判断できません。

ボリンジャーバンドのようなものも表示されていますが

これを決済の判断にすると、

遅すぎて大きなトレンドが発生しない限り利益を残すことが出来ません。

 

MT4がかなり重くなる

チャート画面を見て頂くと分かりますが、かなりゴチャゴチャしていますよね。

レターの最後に書かれていましたが、

使用するインジケーターは全部で12種類だそうです。

私達が普段トレードする時にインジケーターやオシレーターを使ったとしても

せいぜい5種類ぐらいですよね。

12種類のインジケーターを同時に表示させると

スペックの高くないパソコンですと

MT4が固まってしまい、トレードどころではなくなってしまう可能性が高いです。

動作環境は、特商法に記載がありますが

これを見る限り、古めのパソコンですと厳しいかもしれませんね。

この教材は、バイナリーオプションでも使えるのですが

バイナリーオプションは1分1秒で結果が変わってくる世界です。

重たいMT4を使って、バイナリーオプションを行うと

結果に大きく影響が出てくる危険性があります。

この教材はバイナリーオプションは15分を使って行うみたいですので、

短い時間でのバイナリーよりは影響は少ないのは確かですが

怖くて、バイナリーオプションなんてできないですね。

 

総評

「ダブルエグジットFX&BO」ですが、

思うようにトレードを行うことが出来ませんのでお勧めすることは出来ません。

一番の理由は上の問題点でもあげましたが、

線対称になっているかどうかの判断を、動いているリアルチャート画面で

行うことが困難だからですね。

レターに載っている画像は全て過去チャートの画面です。

確かに、レターに載っているチャート画面は綺麗に線対称になっています。

さらに、オリジナルなトレード方法ですので

今まで稼げたことがない初心者の方が手を出してしまいそうですが

初心者の方がこの手法を使って稼げることはまずありません。

もし仮にエントリーから決済まで明確なルールが存在し

ちゃんと利益が残せる手法であったとしても

オリジナル要素がとても強いので、マスターするまでにかなりの練習量が必要になります。

ただ、通貨ペアの強弱を使う関係で

過去チャート画面を使って、練習をすることが出来ないです。

MT4練習用ツールを使って、過去チャートをリアルチャートのように動かしたとしても

この教材にあるチャート画面を再現することが出来ません。

練習は実際動いているチャート画面でしか行うことが出来ませんので

練習量がかなり必要なこの手法をマスターするまでに

下手したら1年ぐらいかかってしまうかもしれませんね・・・。

FXで利益を出すのはどんな手法を使っても大変なことは確かですが

過去チャート画面を使って練習が出来ない手法は、お勧めできません。

ほぼ間違えなく、落とし込む前に次の手法に手を出してしまうと思いますよ。

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

副収入の1つにお勧め

副収入には色々な種類があります。

  • 本業以外のアルバイト
  • 投資による収入
  • アフィリエイト
  • 転売ビジネス
  • ギャンブル

挙げればきりが無いですが、普段お仕事をされている方ですと

会社が副業禁止であったり、時間的な余裕が無かったりと中々思い通りにいきません。

ですがこういった条件を全てクリアしたものがあります。

私も現在、副収入の一つとして毎月かなりの収入になっていますが

FXの自動売買を行っています。

FXの自動売買は、会社にばれることも無く

さらに本業で忙しい方でも取引自体を自動で行ってくれますので

問題なく行うことが出来ます。

本業をやっている方の副収入としてはとても理にかなっている方法です。

だからといって、どんなFX自動売買でも良いという訳ではありません。

使われたことがある方なら分かると思いますが、

かなりの方が資金を減らしていると思います。

ですが私が使っている自動売買は、資金を減らさない工夫がしっかり施されています。

少し長くなりますが詳しく解説していこうと思います。

ツール代金が無料

この自動売買ツールは無料です。

皆様の資金を減らさない様を最優先に考えているにもかかわらず

ツールが有料では、その時点で資金が減ってしまいますよね。

それでは意味がありませんので無料で使うことが出来ます。

サポート完備

これがこの自動売買の一番ポイントになる部分です。

実はFXの自動売買は、

完全にお任せにしてしまいますと

大抵どんなものでも資金を吹き飛ばします。

FX自動売買は、テクニカル分析のみで売買を行いますので

ファンダメンタルズに関しては全く未対応です。

FXのトレードを行ったことがある方ですと分かると思いますが、

主要な指標発表がある時間帯はテクニカルでは説明不可能な動きを必ずします。

この時自動売買を起動ししていた場合

予想通りに動けば爆益になる可能性もありますが、

予想に反した場合一瞬で資金を溶かします。

つまり、ほぼギャンブルと同じになってしまうんですよね。

この自動売買ツールは、そういったファンダメンタルズ要因による損失を無くすため

自動売買設置時に、どういった時に止めたら良いのかが記載されたものをお渡しします。

自動売買のonとoffはワンクリックで出来て、時間がかかることもありませんので

どなたでも問題なく出来る作業になります。

onとoffを切り替えるタイミングが分かるため

この自動売買は稼ぎ続けてくれるという訳ですね。

なぜ無料なのか

皆さんが一番気になるところはここだと思います。

そんなに素晴らしい自動売買ツールを、無料で配る必要なんてありませんよね。

もちろん、私自身がお金を持て余していて暇つぶしをしている訳ではありません。

実は、皆様のトレード実績をデータとして集めたいというのが理由です。

現在無料でお渡ししている自動売買は

onとoffを手動で行わなければなりませんが

最終的には、onとoffを自動で行うものを開発しようと考えております。

そのためには膨大なトレードデータが必要になりますので

個人で集めるのは不可能です。

そのために皆様のお力をお借りできればと考えております。

詳しい実績や応募方法に関しては下のリンクからお願い致します。


直接お問い合わせも可能です





もし何か質問や不安な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

fx
みやをフォローする
お金にまつわる情報商材良し悪し

コメント

タイトルとURLをコピーしました