Dealing FX 塚田 達也

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材について調べていこうと思います。

私はこの商材は知りませんでしたが、

調べてみたところインフォトップの上位にランクインしておりました。

 

Dealing FX

 

販売元詳細

・販売者  塚田 達也

・住所   山梨県甲府市桜井町1029-4

・電話番号 080-5377-0890

・URL   http://dealingfxblog.com/

 

ロジック

こちらは、オシレーター系は一切使わず、

使うのはボリンジャーバンド移動平均線のみです。

それとラインを使ったトレードになりますので

王道といえば、とても王道な手法になっております。

ただし、ライントレードは自分で引かないといけないので

ある程度のスキルが必要だと思います。

 

レビューサイトの評価

ディーリングFX及び運営会社の株式貸家JOEが

悪質な運営を行っている事実は確認できませんでしたが
数あるFX教材の中からディーリングFXを選ぶ理由は見つかりませんでした。

感想としては どこにでもあるFX教材といった印象です。

引用元:https://kuchikabuyoso.net/list/dealingfx/

 

これらは、王道スタイルそのものであり、
本商材を購入することで、トレードスキルの向上は
期待出来ると思われます。
しかしながら、結局、
オリジナル性は皆無で、
一般書籍でじっくり勉強すれば身に付けられるような内容だった

というのが、正直な感想です。

引用元:http://fx-bbs-tofuhoge.seesaa.net/article/404137562.html

 

実践編コンテンツが、もっと豊富に用意されていれば、
おすすめ商材としてレビューしていたかもしれませんが、
この商材では、そういう部分が、PDFで80ページ程度と、
動画で数十分程度なので、これだけでは全然足りません。

ということで、おすすめとして評価はできないので、
イマイチに置いておきますが、悪い商材ではないです。

引用元:http://fx検証.jp/dealingfx/dealing1/

 

Dealing FXで解説されている手法は、奇をてらったような手法ではなく、

王道的な手法で相場に対して優位性のあるトレード法です。

冒頭でもお伝えした通り、DealingFXを読んだからと言って勝てるほど、相場は甘くありません。

引用元:https://www.freestyle2.net/archives/8389

 

総合的な判断としては
別にDealing FXでなくてもプライスアクショントレードを学ぶことはできますし、
なによりも、この商材じゃないといけないという勧める理由が見当たらないというのが本音。

引用元:https://www.freestyle2.net/archives/8389

 

私の感想

レビューサイトにもありますが

手法自体は決して悪い手法とかではなく

王道で素晴らしいものだと思います。

ただ、王道ということは別にこの商材を買う必要は無いということですよね・・・。

オリジナルな内容がないので

探そうと思えば、無料でいくらでも手に入ってしまう内容です。

 

プライスアクショントレードというのは

現代版の酒田五法のようなものなので

ローソク足の形も重要になってきます。

ただ、このプラスアクショントレードというのは

海外でも人気の手法なので

本当に沢山の解説ブログが出てきます。

Amazonでも検索してみると、すごい量の本が出てきます笑

安いものだと1000円代のものもあるので

それで十分学べてしまいます。

ですので、39800円払うのはもったいないですね。

 

決して悪い商材という訳ではないんですけど、

やはり商材として販売するのでしたら

ある程度のオリジナル要素がないと物足りないですよね。

私は以前ラインと移動平均線を使ったトレードをしておりましたので

手法としては大体わかります。

ボリンジャーバンドをどのように絡めてくるのかといったところです。

移動平均線の手法も

有名なグランビルの法則というのがあるので

こちらも調べればいくらでも情報が出てきます。

 

逆にせっかく商材として売り出すのでしたら

なぜオリジナル要素を加えなかったのかとても疑問ですね。

もし加えていたのでしたら、かなり良い情報商材になったと思います。

そこがおしいですね。

長くなってしまいましたが、こちらの商材は

買う必要は無いと思います。

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました