ネオジーニアスFXを徹底調査!その評価は? 末永幸樹

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報教材について調べていこうと思います。

今回は、クロスリテイリング社の教材になります。

インフォトップでかなり上位表示されている商品ですので

販売数は多いのでしょう。

いつも通り誇張評価が目立ちますが詳しく調べていこうと思います。

 

 

販売元詳細

・商品名  ネオジーニアスFX

・販売会社 一般社団法人 日本投資家育成機構

・販売者  末永幸樹

・住所   東京都墨田区錦糸一丁目2番1号

・電話番号 03-5244-5344

・URL   https://hrmc-fx.s3.amazonaws.com/top/it.html

 

ネオジーニアスFXとは

クロスリテイリング社が販売する教材としては珍しく、

日足を使ったスイングトレード教材になります。

大体スキャルピング手法ですからね。

トレード方法は、Futureラインという斜めのラインが2本自動で引かれ

このバンド内のローソク足で三角形を見つけることで

逆張りを仕掛ける手法となっております。

ハーモニックパターンに似た手法ということですね。

日足の場合、エントリー回数は少なくなりますが

チャートの動きがとても素直なため

バンド内に収まっているのでしたら、逆張りを狙ったとしても

素直にその通りに動く可能性が高いです。

通貨ペアは25種類のため、1つ通貨ですとエントリー回数は少ないですが

色々な通貨を監視すれば、1日1回程度のトレードは望めそうです。

Futureラインですが、引けない場合はポップアップで引けないことを知らせてくれますので

25通貨を監視する場合でも、そこまで時間はかかりません。

日足ですので、1日1回チャート画面を見れば、エントリー条件を満たしているのかどうかは

一瞬で分かるため日中会社勤めの方でも、十分トレードを行うことは可能だと思います。

日足を使ったトレードですので、私としてはとても好きな時間帯ではありますが

やはり問題点がいくつか見つかりました。

詳しく説明していこうと思います。

 

ネオジーニアスFXの問題点

決済が手動

クロスリテイリング社の教材も、今はOCOによる強制決済が主流となっていますが

こちらの教材に関しては、決済が手動です。

決済ラインもチャート上に表示されるようですが、そのラインに達した場合に

手動で決済する形になります。

ですので、エントリー前から決済から損切までの幅が決められないため

損益比率などが分かりません。

調べた限りですと、リスクリワード比率は1:2~1:3ぐらいですので

かなり良い損益比率ではあります。

これは、結果的にそうなっているだけで最初からその設定という訳ではありません。

ですが、この手動決済というのがかなり問題で

私のブログでも結構書いていますが、手動決済の場合どうしてもメンタルが影響してしまい

ロジック通りに決済できなくなる可能性が非常に高いです。

簡単そうに見えてものすごく難しいんですよね。

とくに連敗が続いた後、

また損切りをしなければならない場面になった時に

躊躇してしまい、さらに損失を増やしてしまうことが、私の経験上あり得ると思います。

これを克服するためには、実際に自分のお金を使った

リアルトレードを積み重ねていくしかありませんが

この手法自体エントリー回数の少ないスイングトレードのため

メンタルに影響されることなく、エントリーから決済を行えるようになるまで

最低でも半年ぐらいはかかりそうですね。

その間は、自分の資金を減らす可能性も十分ありますが、

この期間を耐え抜かなければ、この手法を使って勝ち続けることは不可能です。

 

取引結果画像がロジックに合致していない

セールスレター上に、いくつかの取引結果画像が載っていますが

その取引結果が、この手法と合致していないようです。

実際に、セールスレター上に載っている期間のチャート画面を持ってきて

検証している方がいらっしゃるのですが

セールスレターの画像に載っていない部分のチャート画面を見ると

エントリー条件を満たしていないようなんです。

この手法は上にも書きましたが、チャネルライン内でローソク足の三角形を見つけて

レジスタンスラインになるチャネルラインにタッチしたら

逆張りでエントリーするというものですが

どのようにチャネルラインを引いても、綺麗な三角形は見つけられず

セールスレター上に載っている取引の根拠が全く分からないようです。

そうなってくると、そもそも取引結果が無理やり作られたものになりますので

この教材自体の信ぴょう性も疑わざる負えません。

もちろん、本当に綺麗な三角形を見つけられれば日足でトレードする以上

素直な動きをしてくれますので、逆張りで狙うことは出来ると思います。

ですが、根拠のない場所でのトレード結果をセールスレターに載せているとなると

もしかすると、綺麗に三角形が形成されるエントリーチャンスは

年に数回しかないのかもしれませんね。

 

誇張評価が目立つ

クロスリテイリング社の教材ですので、いつものことですが

騙されないでください。

1回のトレードで、数百万円の利益が出たと書かれていますが

これは取引するロット数がただ大きいだけです。

5lotでトレードしているようですが

海外口座での1lotは10万通貨になりますので

5lotですと50万通貨になります。

50万通貨の場合、1pips動いただけで5000円ですので

1回で取れる金額が大きいのは当たり前です。

ですが、50万通貨でトレードする場合レバレッジにもよりますが

スイングトレードともなると、損切り幅も大きくなりますので

1000万円は最低でも証拠金がないと心配ですね。

1000万円でもたりないかもしれません。

私達が用意できる金額ではないですよね。

しかも、セールスレター上に載っている、MT4の取引結果ですが

隠れている部分が多すぎて、本当にリアル口座でトレードしているのかどうかも分かりません。

ぶっちゃけ、

トレード練習用のEAを使えばこういった取引結果は簡単に作ることが可能ですので、

何の当てにもなりません。

そもそも、トレードでこれだけ稼いでいるのでしたら

教材として販売する必要がありませんからね。

セールスレターを作る方が手間ですので。

購入意欲をかきたてる、クロスリテイリング社のいつもの手に引っかからないでくださいね。

 

総評

「ネオジーニアスFX」ですが、一見すると日足によるスイングトレードですので

初心者の方でも取り組みやすい手法になっていますが

エントリー条件がそろうのが、年に数回の可能性がありますので

さすがに少なすぎるかなという印象です。

セールスレター上では年に300回程度と書かれていますが

セールスレター上のエントリーから決済の画像を見る限りですと

後付けで無理やり取引画像を作っているように見受けられますので

よっぽどエントリー回数が少ないのかもしれません。

日足ですので、1回のトレードでも100pips以上狙えるとは思いますが

果たして初心者の方が、100pips以上保有した状態を継続できるのか疑問です。

早めに決済してしまいますと、損益比率が変わってきてしまいますので

トータルでマイナスになる可能性が出てきます。

トレード練習がしたくても、年に数回しかトレードチャンスが無いとなると

練習も難しいので、この手法を使って

初心者の方が勝てるようになるのか少し疑問です。

セールスレター上に載っているエントリーから決済の画像ですが

実はもっとシンプルに、水平線を1本引くだけで

この手法と同じ条件でエントリー出来てしまうんですよね。

そうなってくると、5万円以上する教材をあえて購入する必要があるのかな

というのが私の率直な意見です。

ぶっちゃけ言ってしまえば、日足は本当に素直な動きをしますので

日足を使ったトレードを行うのでしたら、難しい手法は必要なく

水平線だけでもトレード出来てしまいます。

取引画像を偽ってセールスレター上に載せているような教材を

高額な金額を払って購入することは辞めた方が良いと思います。

クロスリテイリング社の販売する教材が好きで、

年に数回エントリーできればよいという方は購入してみても良いかもしれません。

 

 

免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

本当に稼げる情報限定公開!

・初心者の方でも再現性100%

・対面による指導!!

・1ヶ月後に月収50万円以上可能!!

・その後は継続的に月収50万円以上を稼ぎ続けます。


詳しくはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました