サラリーマンFX 谷口 悟

こんにちは、みやです。

本日はこちらの情報商材をレビューしていこうと思います。

 

 谷口 悟

 

販売元詳細

・販売者  谷口 悟

・住所   大阪府大阪市中央区北浜1-9-10 北浜宗田ビル403

・電話番号 06-4963-2021

・URL   http://trade-cyclone.com/project/salarymanfx_top/

 

ロジック

こちらの商品は、18時から24時の間のみトレードするスタイルで、

この間に出たシグナルに従てトレードしていくようです。

エントリー中に逆のシグナルが出た場合は、

そこで決済し新しくエントリーするドテン売買を繰り返す形になります。

そして24時になったら持っているポジションを決済し、

その日のトレードは終了となります。

 

レビューサイトの評価

18時~24時の間に一方向のトレンドが発生した場合は大きな利益を得ることが出来るのですが、毎日必ずトレンド相場になるわけでもないですし、狙う方向が違えばトレンド相場になっていても損切りになるわけです。

しかもこのシグナルは精度が低いですし、損切りについては明示していないためにリスク管理にもしにくくて非常に使いづらいです。

引用元:https://trendsurfers.biz/post-1466/

 

私の感想

レビューサイトの方が述べていらっしゃる通りだと思います。

確かに18時から24時は欧州時間、NY時間のため

とても相場が動きやすい時間帯ではあるのですが、

トレードが発生しないレンジ相場の場合、

損切→ドテン→損切→ドテンを繰り返すことになります。

また、明確な損切ルールが定められていないので

大きな含み損を抱えることがあると思います。

 

またこちらのインジケーターを使うと

18時から24時の間しかチャートにローソク足が

表示されないんですよね・・・。

もちろん、サインでエントリーするだけなら必要ない部分なのかもしれませんが

相場というのは土日以外はずっと動いていますので

反転ポイントやトレンドが発生するポイントは

全体の流れを使まなれば、絶対にわかりません。

サインツールであったとしても日々チャートの全体像を見ることで

身に付くものは必ずあります。

 

この商材の場合、結果論から言えば

商品ページの成績になるのかもしれませんが、

含み損を抱える時のメンタル面を考えると、

明確な損切設定がされていないのでとても大きなストレスを感じ、

おそらく法通りのエントリーはできないでしょう。

さらに、サインが出るまでずっとチャートを見ておかなくてはならないので

仕事から疲れて帰ってきて出来るトレードとは到底思えません。

サインツールはあくまで補助として使うもので、

このサインを鵜呑みにしてトレードすることは危険ですので

全くお勧めできない商材です。

 
 
免責事項
当サイトは、当サイト内で掲載された情報について、十分注意・確認をした上で掲載しておりますが、内容によっては情報が古い、あるいは間違っている可能性があります。

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました